ブライドルレザーの財布の取り扱い

革製品は大人のアイテムとして常に一定以上の人気を誇っています。使えば使うほど味わいが出る革製品の良さは、長く使っている人ほど実感できるもので、まさに大人のお洒落と言っても良いと言えるでしょう。そんな革製品には様々なものがありますが、特に最近注目度が上がっているのが、ブライドルレザーを使った製品です。ブライドルレザーはイギリスで1000年以上前から続く伝統的な製法で作られたもので、簡単に言えば革に何度もロウを塗りこめることで皮を引き締めるというものです。この製法は完成までに数ヶ月は掛かるもので、しかも複雑で手間もかかるということで、一部の技能を持った職人しか作ることができません。そんな素晴らしいブライドルレザー、その代表的なもののひとつである財布について、良いところと取扱いで気を付けることをご紹介します。

ブライドルレザーの財布の良いところ

ブライドルレザーの財布については素晴らしい点が多くありますが、その最大の良さは美しさです。購入当初はロウが表面に白く浮き出ているのですが、使い込めば使い込むほど徐々にこのブルームと呼ばれる白い部分が無くなっていき、美しい光沢が現れ始めます。その風合いは同じ財布でも少しずつ違うものとなって現れるので、まさに自分だけの財布となってくるのです。また、ブライドレザーの良さはその見た目だけではありません。もともと馬具として使われることを想定して生み出された技術ですので、その耐久性は特筆すべきものとなっています。適切なお手入れをしていけば、数十年以上も使えるものとなってくるのです。硬くて丈夫、さらに見た目も美しく一つ一つが違う風合いを見せる、それがブライドルレザーなのです。

ブライドルレザーの財布の取り扱いで注意する点

そんな素晴らしいブライドルレザーは美しいだけでなく耐久性も高いものなのですが、やはり革製品なのできちんとお手入れをすることが必要になります。特に財布ならポケットなどに入れ、出し入れをすることも多くなりますので、お手入れは定期的に行う必要があります。ブライドルレザーのお手入れに必要なものは柔らかいブラシと同じく柔らかい布、そして革製品用のワックスです。まずブラシで表面をしっかりとブラッシングします。これによってホコリと同時にロウを除去します。次にワックスを米粒2、3粒程度くらい布につけ、伸ばしながら塗っていきます。厚塗りする必要はありません。塗ったらワックスが乾くまで10分程度放置しましょう。最後に乾いた柔らかい布で優しく拭きます。これでかなりツヤが出てきます。拭き残しがあるとベタついたりカビが生える原因にもなりますので、全面を拭いてください。お手入れは手間も掛かりますが、手間を掛けた分だけ愛着もわいてきます。しっかりとお手入れをして、できるだけ長く使えば、ブライドルレザーはその美しさをより際立たせることでしょう。